人気ブログランキング |

カテゴリ:モスクワ( 52 )

そろそろ帰り支度です
ウィーンのレポが中途半端になってしまいましたが
最後は、モスクワの素敵な風景を♪

e0195115_20553780.jpg



世界遺産に認定されているノヴォデーヴィッチ修道院。
修道院は生憎修復中でカバーが掛けられていて残念ですが、
私のお目当は その前に広がる美しい池。



e0195115_20552853.jpg




ここを泳ぐ白鳥の姿を見てチャイコフスキーが<白鳥の湖>を作曲したと言われています。


e0195115_20561499.jpg



この日は鴨が出迎えてれました(笑)


e0195115_20554717.jpg


e0195115_20555619.jpg


e0195115_20560532.jpg



この裏手にある墓地には、ゴーゴリーやチェーホフなどロシアを代表する作家や政治家のお墓があります。
ところで、ここに来るのに地下鉄を乗り換えてきたのですが 線を乗り換えると同じ駅でも駅名が変わるって どゆこと??
軽くパニクリながら、たどり着きました(笑)


e0195115_20563464.jpg





そして、モスクワに来ると、初めての時はビックリしたけれど
なんとなく癖になるお味で また食べたくなるチェリーダンプリングと、
多分 モスクワで今のところ一番好きなボルシチを食べに 必ず一度は行くレストランマリバーナ。

でも、目的はそれだけではなくて、店長猫のベンジャミン‼️

今夜は なんと私の席の後ろで爆睡体勢に入ってくれたベンジャミン。



e0195115_20564345.jpg



私、お食事もそっちのけで、カラカラになりつつあった体内猫成分を補充

‼️(笑)
有難うベンジャミン(^∇^)嬉しい夜でした


猫エネルギーが危機的状況だったので
すっかり優しいベンジャミンに浮気した私ですが・・・
ビーちゃん、待っててね!
Yoko-boo帰るからねー♡♡




 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします





by love-zun | 2019-07-02 14:48 | モスクワ | Comments(14)

ウィーンの街中を歩いていると、
時々地面に☆型のプレートを見つけます
有名な芸術家や政治家の名前とサインが記していますが
これはカラヤンのもの



e0195115_17144980.jpg


いきなりあるので、そしてやはり踏むのは躊躇されるので
避けようとして足を捻挫しそうになる(笑)


ウィーン滞在中、行きたい場所リスト作成で カフェや美術館は私担当
レストランは夫担当で飛び回りました(笑)
ウィーンの名物料理を沢山いただきましたが
夫の驚異的胃袋には到底太刀打ちできず
私は、ぼぼお味見程度の参戦
(いや、それでも普通の人よりは食べていると思うけど^^)

ここは、ウィーンで一番古いと言われているレストランです


e0195115_17145930.jpg



ここの壁には、ベートーベン、モーツァルト、ワグナー、マーク トウェインなどの
サインを見つけることが出来ます。
感激なのですが。。。新し目の壁には、
日本の 今 活躍されている俳優さんのサインを見つけてしまって、
もう一気に頭グチャグチャになったわ(笑)
遠く ドラマチックに歴史を遡り夢見心地だった私の魂が、
着地点と思っていた 擦り切れて味のある重厚な絨毯を
いきなり取り上げられてプラスティックの台を置かれたようなパニック(爆爆)

少し失礼な書き方だったかもしれないので、誰かとかは書きませんからね(笑)

そして、初めての街では、必ず行きたくなるマーケット

e0195115_17240079.jpg


季節のピカッピカのお野菜や果物が所狭しと並んでいます
このマーケットは、レストランも併設されていて
皆さん、その場でいろんな食材やお酒を楽しんでらっしゃいました

それを見るのも、またとても楽しいですね


e0195115_17235050.jpg




 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします





by love-zun | 2019-06-30 17:26 | モスクワ | Comments(4)

今回の旅のハイライト
いや、私の人生後半のハイライト(笑)と言っても良いかもしれません
ココ

ベルヴェデーレ宮殿 絵画館


e0195115_02585017.jpg



まさかウィーンに行くとは、
こんな日が来るとは、思ってもみませんでした


e0195115_02590298.jpg


館内は、美しく、写真撮影もOKでしたが
ここを写したのは、入ってから1時間以上経って、心が落ち着いてからやっと・・・(笑)

まずは、とにかく見たかった ウィーンの国宝級、門外不出の宝物
接吻


e0195115_02591449.jpg


柵もロープも何にもない。
5センチまで顔を近づけて、5メートル離れて
また近づいて、とにかく見放題

とてもよく目にする絵画です
お馴染みの絵ですが、勿論目の前に有った、<接吻>の原画は
全く違うものでした
異次元の力が宿っていました
自分の興奮が恥ずかしいですが、
でも、絵の前で立ち尽くすという経験は
正直初めてだったかもしれません

ここは、クリムトやシーレ以外にも、モネやマネなど印象派の作品も豊富に所蔵していて
心から堪能した一日でした


そして、ここも!
レオポルト・ミュージアム


e0195115_03224084.jpg




ここは、200点にも及ぶシーレの作品を所蔵していて
それ以外にも、クリムトの<生と死>もあり
また、シーレやクリムト直筆の手紙やスケッチなど豊富に堪能することができます
なにこの夢のような場所・・・
ウィーン、最高過ぎる!


最高過ぎる街に浮かれ、最大にやらかしてしまった私!!
ザ・私!!

ここ、分離派会館
<時代にはその芸術を 芸術にはその自由を>

e0195115_03225257.jpg


土曜日も、日曜日も前を通りました
でも、なぜか、魔法のように、月曜日にゆっくり来よう
クリムトの三連フレスコ画、<ベートーヴェン・フリーズ>は月曜日に見る
そんな悪魔の魔法にかかったような決意にからめとられ
私は、観ることが出来ませんでした
だって、だって、月曜日休館日やん!!
休館日やったやん!!

日曜日の夜、明日の事を考えて、興奮して
道を間違えないようにと地図を確かめ
ガイドブックを確かめ、やっとその時その事に気付き
ベッドから転がり落ちて、膝を抱えて涙する 最高におバカな私

いつも休館日に関しては、念を入れてチェックするのに、
なぜか悪魔の手中にすっぽりと治まってしまう瞬間がある
ザ・私   ザ・洋子
あー、こんなもんなんです、私
でもいいの、またいつか、生きていたら、行くわ。
その楽しみのために取っておくわ(涙目)




 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします








by love-zun | 2019-06-28 03:34 | モスクワ | Comments(8)

ウィーンに行ってきました
早速ですが
ここは、シュペルルという1880年から続く老舗カフェ



e0195115_17163600.jpg



かつて常連の芸術家には専用の席が用意され、
数多くの名作が、ここで生まれたそうです


e0195115_17191394.jpg




エゴレ・シーレもその一人だったそうです
どの席だったんだろう?♡


e0195115_17164802.jpg




地元の方が大きなわんことお茶をしたり
おばさま方がトランプをしていたり、
歴史を超えて、ゆったりと時間が流れていくような
私も、何時間でもここにいたくなってしまうような、
なんとも素敵なカフェでした



そして、ここはクリムトとシーレが初めてであったと言われるカフェ
分離派の画家たちが常連だった、伝説的カフェ・・・と
ガイドブックに記してあったので、鼻息荒く訪れたのですが


e0195115_17224230.jpg


まあ、あくまでも私個人の感想ですが、
内装や、店内の雰囲気、どれをとってもそんな歴史的ドラマを感じさせる魅力は無くて(笑)
下手したら、どこかのファミレスみたい・・なんて
興ざめな台詞が頭に浮かんでしまったりして…個人的にはちょっと残念でした


ここは、皇妃エリザベートが通ったカフェ


e0195115_17264384.jpg


彼女が愛した、<すみれの砂糖漬け>を
すみれ好きな母へのお土産にしたくて買いに行きました



e0195115_17270659.jpg



2階・3階はレストラン・カフェスペースになっていています
3階はゴージャス

e0195115_17265755.jpg



2階はかなり際どく派手なのですが、
全体として見事にマッチしていて素敵空間になっている
アッパレさすがの上級内装だと感動しました



e0195115_17273607.jpg


<すみれの砂糖漬け>は美しい色と、繊細に香るすみれ
エリザベート気分でお茶の時間をすごすにはぴったりのお菓子でした
自分用にも買っちゃった^^


e0195115_17272481.jpg


カフェ関係、どんどん行っちゃいますが(笑)

ここは、ザッハートルテ発祥の店
カフェザッハーです


e0195115_17335127.jpg


1
1階にもカフェスペースがあるのですが
そこの椅子が高くて、かなり居心地が悪かったという話を聞きました
2階はとても居心地の良いソファーになっていて
ゆったりと過ごせましたよ
もしいかれる方がいらしたら、是非2階席で!(笑)
ザッハートルテは、全体に甘すぎず、とても美味しかったです
まぁ、私は二口だけで、あとは夫が平らげましたけど^^



ここは、ウィーンを舞台にした映画<第三の男>に登場する
有名なカフェ モーツァルト

e0195115_17371777.jpg


ピスタチオムースのモーツアルトトルテ、美味しかったです♪

私は参加しませんでしたが、街を歩いていると<第三の男>ツアーみたいなものの看板がありました
そのツアーに参加したら、このカフェに寄るのかな♪


そして、ウィーン最後のカフェは、勿論デメル
ハプスブルグ家専門ベーカリーで、店の紋章は王家と同じ双頭の鷲です


e0195115_17401017.jpg


残念ながら、お茶をする時間はありませんでしたが、
王家御用達の<すみれの砂糖漬け>と
猫好きは外せない<猫の舌>チョコを自分用プレゼントに買いました(笑)


ウィーンにカフェ巡りに行ったわけではないのですが(笑)
取り敢えず、行きたいカフェが多すぎて
レストランでお食事をしても、お茶は移動してカフェで・・
疲れたら、とにかくカフェへ・・・
ちょっと合間にカフェへ・・・
そんな気分にさせてくれる、素晴らしいカフェ文化の街でした






 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします










by love-zun | 2019-06-26 17:49 | モスクワ | Comments(2)

Stray cat's in Moscow9

この素敵な雰囲気のレストランは、ステーキハウスです


e0195115_21310385.jpg


歴史を感じる重厚な内装が素晴らしくて!!


e0195115_21311521.jpg


巨大な木の柱や梁が歴史を感じる色に変化していて
とても居心地の良い場所でした

店内の中央でお肉を焼くシェフの姿が、まためちゃくちゃ格好いい!


e0195115_21312525.jpg


水彩画家なら、たぶん誰でも知っている一枚で、
厨房のシェフが調理の煙と共に描かれた有名な絵があるのですが
この感じ、正にそれで、思わずうっとりと眺めてしまいました

実は、週に一回シェフズナイトというのがあって
その日は、ここで牛の丸焼きをするそうです
私はちょっと・・・無理・・・と思いましたが、
日本でいうところの、マグロの解体ショー的な位置づけなのかもしれませんね。

とても素敵な店内ですが、一番驚いたのはトイレ!
私はレストランに行くと、必ず見学もかねてトイレに行くのですが
ここ・・・


e0195115_21372779.jpg


写真の右は、入口の女性表記。これ素敵よね。
右下は入ったところの洗面スペース。これ素敵よね。
問題は左の、個室のドアです
どんだけ下がっても、入口を開けて下がっても 上から下までは写せない
なんと、たぶん3メートルは優にあるドアでした(笑)
これ、開けられんの???って感じでしたが、まぁ普通に開きました
いや、まだまだ驚かしてくれるぜ!


別の日に行った、ジョージア料理のレストランの事も少し・・
ジョージア料理のレストランに行くと、必ず頼むのが
ウズベキスタンのトマト
私にとってナンバー1のトマトは、龍ちゃんのトマトですが(笑)
ウズベキスタンのトマトは、とにかく甘くて、ジューシーで美味しいのです


e0195115_21314493.jpg


スイーツのようですよ。

で、食後のスイーツですが、
私は、メレンゲというものが割と苦手で、自分から食べようとは思わないのですが
ジョージアレストランでは、別
今回のがこれ


e0195115_21315373.jpg


メレンゲミルフィーユ
大体いつもは、メレンゲで果物やピスタチオやクリームが巻き込んだロールケーキなのですが
このレストランは、ミルフィーユになっていました
甘すぎず、サクサクで、果物がフレッシュで
とっても美味しかったです






 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします



by love-zun | 2019-06-21 21:45 | モスクワ | Comments(8)

Stray cat's in Moscow8

ロシアは寒い国だし、インスタなどを見ていると
ロシアの方がとても素敵な手編みニットをアップされていたりするので
素敵な毛糸屋さん、無いはずないと思っていたのですが
ついに出会ってしまいました



e0195115_18525734.jpg


ここも、なんのことない、我が家から徒歩圏内にある毛糸屋さん
とてもかわいい毛糸屋さん、みーーーっけ!
でも、すでに編む前の毛糸沢山あるから・・・買っちゃいけないから・・・
まぁ、一個だけ記念に・・・ね^^



ここは、ヨーロッパイチ広いショッピングモールです
巨大ショッピングモールというのは、どの都市でも、
大体似たような感じで、好きだけど、あまり特徴は無いように思いますが
ここは、中央の所にドカーーンと水槽がそびえていて
お魚がグルグル泳いでいます
小さめのサメも泳いでいる・・・(爆)

e0195115_18532270.jpg



で、そこの食料品売り場で見つけたのがコレです



e0195115_18533175.jpg


以前、テレビで、ロシアのマヨネーズ消費量が半端ないということをやっていましたが、
左のこの一面、すべていろんな種類のマヨネーズです
で、そのテレビで言っていた、バケツ売りマヨネーズ・・・
これの事か??!!


もう一つおまけに

e0195115_18530695.jpg


これは、シーフードレストランに行ったとき
入口のカウンターにいた子
生簀から逃げてきたのかい??って
ビックリして飛びのいたのですが よく見ると電話 (笑)
余りのリアルさに、ちょいとドン引き気味だったわ
受付の、美しいおねー様は、マニュキュアをした美しい手で
これをグワッシとつかんで、お電話していました

私が、ここで働いたら・・・
電話がかかってきても、つかめなくて、予約ゼロになりそうだわ(笑)






 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします



by love-zun | 2019-06-19 19:03 | モスクワ | Comments(6)

Stray cat's in Moscow7

週末は、モスクワに来たら、必ず行くイズマイロフのマーケットに行ってきました
ここは、毎日やっているのですが、
ウィークデーはプロ(?)のお土産物屋さんだけ。
週末は、いろんなおじさん、おばさんが家のガラクタ(いや、何言った??ごめんなさい)を持ち寄って
フリマみたいになるので、断然楽しいのです



e0195115_00131500.jpg




冬とは全く景色が違います
道、こんなに広かったの??って驚くくらい
でも、雪が積もっている方が、なんか綺麗でエキサイティングなんですけどね^^

私、とにかく持ち物を増やさない!!を目標に掲げているので
何も買わない。
ただ、見て回って、絵になりそうなところは写真にとって
後は、とにかく楽しむだけ・・・にしているのですが
今回、いろんな真鍮のガラクタ(いや、だから違う!!)の中から呼び止められた
呼び止められちゃったよぉーーおぉーー

お土産物屋さんは、勿論英語OKの所が多いのですが
おじさま、おばさまのところは、まず英語は無理
でも、1個1000ルピー(2000円くらい)・・・悩む!
でも・・・でも・・・
わたくし、言葉を発せずの渾身の値引き交渉決行!



e0195115_00132680.jpg



爆・爆
このとんでも落書き
お世辞にも人前にさらせるものではありませんが
おじさんが、私の願いを叶えてくれた記念すべき一枚です(笑)

これ、壁に打ち付けるフックだと思うのですが
このポッカーンとした困ったようなわんこの顔と
パタパタの手足に一目ぼれしてしまって、
2匹連れ帰ることにしました
2個で1500ルピー♡
これ、持ち物じゃないから!
壁や棚に打ち付けて、お家の一部になるものだから!
いいの!!


そして、ここは前回とはまた違う市場の果物屋さん

e0195115_00133929.jpg


ここも綺麗に並んでいます
スイカもとっても大きくて美味しそう♪
で、私人生初の桑の実を買ってみました

e0195115_00134886.jpg


白と黒
白い方は、自分の写真なのに、毎回ちょっと昆虫のベイビーかと ドキッとしてしまうの
もし、同じようにドキッとされた方が居たら申し訳ありません
私、今まで食べたことが無くて、今回初めてだったのですが
こんなに甘いの??ってちょっとびっくりしてしまいました




 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします





by love-zun | 2019-06-18 00:31 | モスクワ | Comments(4)

Stray cat's in Moscow6

夕暮れ時のモスクワの街です


e0195115_15274851.jpg

e0195115_15280214.jpg


e0195115_15282618.jpg

e0195115_15283691.jpg

e0195115_15281448.jpg


e0195115_15284685.jpg

e0195115_15290040.jpg


e0195115_15291170.jpg




夕暮れ時とはいっても、夜の10時ころなんですが
まだ明るいです

ロシアの建国を祝う祝日があり
この日は、公園や広場で、子供たちが ロシアの歴史を学び体験できる
ヒストリーフェスティバルというのが開かれていました



e0195115_15292643.jpg




 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします








by love-zun | 2019-06-17 15:33 | モスクワ | Comments(8)

Stray cat's in Moscow5

ゴーリキーの家博物館



e0195115_15405393.jpg



ここは、ゴーリキーが実際に住んでいて、現在は<ゴーリキーの家博物館>として公開されています。


e0195115_15410427.jpg



何のことはない、前回来た時、美味しいパン屋さんを見つけて通ったり、
パンケーキを食べに行ったりしていた界隈で、知らずに何度も前を通っていました。

ゴーリキーは、社会主義リアリズムを最初に実践した作家で 戯曲の<どん底>などが有名ですね。

この家は、ロシアアールヌーヴォーの代表的な建築家が手掛けたもので、
外観からして落ち着いた心地良い曲線を感じます。

エントランスの階段は、まさにザ.アールヌーヴォーといった感じで、
樹齢何百年の大木が息づいているような錯覚に陥る神秘的な美しさでした。


e0195115_15413450.jpg

e0195115_15412662.jpg

e0195115_15414420.jpg



この優雅な階段は、猫の舞台にピッタリと思って 
他に誰もいないし、ちょっとスケッチ。。。ですが、
途中でどこを描いているのかわからなくなるお粗末さ(涙)

e0195115_15415170.jpg



でもいつか、そんな絵を描いてみたいです。


とてもこじんまりした博物館で、
2階に行くと、ゴーリキーの寝室や書斎、蔵書、その他いろんな資料が飾ってあります

なんせ、館内には私一人だったので、近所のおばちゃま的な係りの方が
ロシア語と英語を交えた説明を付きっ切りでしてくださって
嬉しいような、困っちゃうような・・・(笑)



e0195115_15411889.jpg


でも、写真一枚一枚説明してもらえて、思う存分堪能いたしました

この博物館、正面の入口は使われていなくて
建物の裏側に回って、通用口のようなところから入るようになっています
そこから入ると、建物が二つあって、
私は、迷わず何やら看板のようなものが出ている方に入ったのですが
入ると、おじちゃん、おばちゃんがお茶を飲みながら雑談中(笑)
えーー、間違えた??とキョドっていると
<まぁお座りなさい>と席を用意してくれて、お茶まで用意してくれようとしていたので
<絶対違うやん>・・・と必死で英語で説明するけど、
完全に成り行きで、ロシア語井戸端会議に参加する
ロシア語知識ゼロの極東から来た迷える羊(爆)


会話の間、間に、呪文のように<ゴーリキー><ゴーリキー>と唱えていると
一人のおじちゃんが、突然、<ゴーーーリーーキーーー>と叫び
一同大爆笑となり、お迎えの館に案内してくれました(爆爆爆)

看板に何が書いてあったのかわからないのですが、
目立ち度、絶対逆やん!!

いやー、びっくりしたけど、なーーんもわからんかったけど
なんだかとっても温かくて、楽しかった!
外国に来て、その国の言葉がわからないのは、とても失礼だし残念な事・・・
きっと、わかったら、100倍楽しいんだろうなぁ~






 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします



by love-zun | 2019-06-15 16:03 | モスクワ | Comments(8)

Stray cat's in Moscow4

恒例のモスクワ動物園詣でに行ってきました
今回は、スケッチ道具をしっかり持って 朝早くから行ったのですが
モスクワっ子の動物園好きを甘く見ていましたね
平日にも関わらず、入場まで30分ほど並びましたよ♪


e0195115_01501127.jpg
e0195115_01502082.jpg

e0195115_01503072.jpg

e0195115_01503988.jpg


e0195115_01505000.jpg


e0195115_01510057.jpg


e0195115_01510873.jpg

e0195115_01511940.jpg

人は多かったのですが、どこかの学校の生徒さん達が
スケッチに来ていたので、
野外スケッチ苦手な私も、割と気楽に楽しめました。

今回は、いつものメンバーが全然出てきてくれなくて残念だったのですが
ニューカマーとしてパンダちゃんが居ました
先日、中国の習近平国家主席がロシアを訪問した時のプレゼントパンちゃんだそうで
なんだか、とってもガンガンこちらにすり寄ってきてくれてビックリでしたよ


e0195115_02011207.jpg

冬の間、雪に閉ざされた あまり人気のない動物園では
どうしても入る勇気のない場所が沢山あります
まだ入っていないところ、結構あるんです
その一つが、暗闇の中の動物たちの建物
ここ、ちょっと下の方に下がっていって、重たーーーーい扉を押し開けてはいるのですが
もうそれが、怖くて怖くて(笑)
ビビリの私は、出てこれなくなって、誰にも気づかれず別の世界に行ってしまう・・・?とか
いろいろ考えちゃうんですよね。
それくらい、ちょっと重々しい扉

でも、今日は、子供連れの方が数人入るところだったので
私も一緒に入ってみました・・・が
入ったとたんに、やっぱり後悔
だって、だって、本当に真っ暗なの
足元も見えない暗さなの
お化け屋敷としか思えない!!!

でも、コウモリや、手のひらほどの大きさのフクロウや
見たこともない動物が、割と積極的に動き回っていて
心を落ち着かせると面白い・・・けど、暗すぎやん!!!


e0195115_01514622.jpg

前の子供が、怖がっておかあさんの手にしがみついていましたが、
私もそのおかあさんの服を握りしめたかった(笑)



e0195115_01513734.jpg

やー、でも入れて良かった!!
でも、出たときはホッとした(笑)


今回は、スケッチに夢中になり過ぎて、写真はこれだけですが
またまた動物園に行けて良かった!

1つ、気になることが・・・
ずっとマヌルキャットがいた場所に、鳥さんがいた・・
マヌルキャット、どうしたんだろう??
ちょっと・・・・どうしたんだろう??



帰りに、お腹が空いたので、モスクワではじめてファストフードのお店に入ってみました
バーガーキングでもケンタッキーでも
こちらではカウンターで注文することもできますが
こんなタッチパネルの機械がたくさん置いてあって、
ここで注文をして、支払いもして、出てきた番号を呼ばれるのを待つシステムになっています


e0195115_01512829.jpg

ちょっとハードル高いかな…と思ったけど
ちゃんと英語版もあったので、安心♪

楽しい一日でした(^^♪







 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします






by love-zun | 2019-06-14 02:20 | モスクワ | Comments(10)