Stray cat's in Moscow3(番外編ーエストニア2)

今回のエストニアへの旅行は、夫と二人で行きましたが
英語は通じるし、お互いの趣味は全く違うし・・ということで
夕食の時間だけ合わせて、完全に別行動
・・というわけで、私、猫カフェをはじめ、完璧趣味に走りました(爆)

エストニアというえば、やはりあの繊細な手芸
何度も何度も同じ店に行って、うっとりしていました


まずは、ホテルのすぐそばのお店
ディスプレイも本当に可愛いし、置いてある小物もただただ素敵♡
初日に行ったときは、店主の代わりというおじさんがいて
それでもいろいろと話は聞けましたが、二日目に行ったときには
編み物大好きなおばさんがいて、いろんなことを教えてくれました。
眺めているだけでお腹いっぱいですが、もちろん毛糸をいくつか買って満足
繊細なリトアニアの編み込みミットのキットもあって、勧められたんだけど
絶対に無理だからなぁ~
出来上がったのを買うっていう手もあったけど、やっぱり我慢^^


e0195115_22262737.jpg



ここは、有名な<セーターの壁>のお向かいにある毛糸屋さん
<セーターの壁>は完全におみやげ物って感じのものばかりで、サーっと通り過ぎようと思ったら
お向かいにこんな素敵なお店が!
ここには4回ほど通ったかも?(笑)
お店の方も、とっても素敵で、知識も豊富で、ここにずっといてもいいと思ったほど
もちろん、毛糸もたっぷり買っちゃった^^


e0195115_22264898.jpg


このお店も割と偶然見つけたんですが、
お店の方がちょうど鍵を閉めて出てくるところを
わざわざ開けてもらって、引き返してもらったのに・・・・
うーん、ちょっとね、可愛いもの沢山あるんだけど、好みが違ったというか
なんとなくチープな雰囲気で(ごめんなさい!!)
わざわざ開けてもらったのに、何も買いたいものがなくて・・
でも、とっても優しい方でした。。。(やっぱりごめんなさい!!)

e0195115_22272417.jpg



ここは、エストニアのアーチストの方たちが集まって
制作をしたり、売ったりしているギルドのような広場
若い方からお年寄りまで、それぞれに何か手仕事をしていて
とても素敵な空間でした。中庭はカフェになっていて、
こんなところにアトリエを持てたら素敵だろうなぁ~

私は写真に写っている女性のストールを買いました
ちょうど肌寒かったし、欲しかった色だったので。
彼女は、個展を終えたばかりで、その時の様子など興奮気味に話してくれて
色ーーんなものを出してきてくれて、
創って、それを人に見せることが本当に好き!!って感じで
ものづくりをする人の気持ちは全世界共通だなと思いました



e0195115_22423502.jpg



旧市街から少し離れたところにも行きましたよ
(その途中で猫カフェを見つけたんですけど)

それが、ここ
ここは、もうおしゃれ感ゼロの倉庫のような、大雑把なユザワヤのようなところ
中から鍵を開けてもらわないと、店内に入れない仕組みになっていました
でも、お宝のようなソックヤーンが段ボールに山積みになっていて
ここにきて、私の理性は崩壊(爆)
夫には、トランクに入るだけにしておいてねと釘を刺されていたのですが
それって、どーゆーこと???状態(爆)
段ボールひと箱船便で送りたいくらいだったわ♪



e0195115_22271318.jpg

で、ここは その倉庫のようなお店のお向かいにある
とってもお洒落な(笑)お店
またまた素敵な店内で、私も気持ちを落ち着け、じっくり物色しました。


e0195115_22263960.jpg


とまぁ、完璧趣味に走ったレポでしたが、私の興奮伝わったと思います^^
これで、突然編み物の神様がどこかに行ってしまったら、どうするのかしら??(爆)


もう一軒、これは毛糸のお店ではないのですが、猫グッズを沢山売っていたお店も可愛かった
猫グッズとゆるーーい感じのお人形が沢山あって
ここのお店の方も、とっても猫好きで
何回目かに行ったときは、お茶まで出してくれて、猫話で盛り上がることができて
本当に楽しかったです。
出来れば、リアルにゃんがいてくれると、もっと嬉しかったかも(笑)

e0195115_22270132.jpg




世界文化遺産に指定されている エストニアの首都タリンの旧市街には、
世界最古の薬局やマジパンの部屋があるカフェなど
見どころはたっぷりですが、小さな小さな街なので、趣味に走りながらもすっかり堪能することができました
<魔女の宅急便>の舞台の参考にされたという素晴らしい街並みを歩くだけで
気持ちが豊かになるようでした


なんだかゼイゼイッッて感じのレポになってしまいましたが
次はモスクワに戻っての野良猫日記です♪♪




 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします



[PR]
Commented by やまさん at 2018-08-31 10:01 x
おはようございます~!!
うわあああっっっ!!!
この回は凄い~~Yokoさんの編み物才能が爆発しているーーーっっっ!!!
ここで、Yokoさんの編み物の展示会やったら、さぞや凄い事になりそうで、考えただけでワクわく!!!
海外って、本当に凄いところあるのですね~(^^♪
ではまた~
Commented by ねこばばあ at 2018-08-31 10:22 x
モスクワもだけど、エストニア!なんて美しい街でしょう。
中世の街並みがそのまま残ってるってかんじかなぁ。
毛糸の色もすごーくきれい!!!
手芸の苦手なねこばばあでもきっと楽しめる街でしょう。
猫グッズ屋さんのにんまりしてる黒猫のぬいぐるみ、いい味だしてるわぁ。
前回のトイレもすごかった!!!
世界は広いなぁ。
ねこばばあはエストニアって聞いて去年買った瓶詰のオイルサーディンしか思い浮かばなかった食いしん坊です。(笑)
Commented by love-zun at 2018-08-31 14:25
☆やまさん☆
私の興奮を共有してくださって、嬉しいです^^
私の編み物は、まだまだ初心者・・というか、単純なもの専門なので、とてもここの素晴らしい手仕事の域ではありませんが
同じものを愛する人たちとの時間は、とても楽しかったです。
Commented by love-zun at 2018-08-31 14:28
☆ねこばばあさん☆
この旧市街は、世界歴史文化遺産に指定されているので、
中世の雰囲気をそのまま味わうことが出来るんですよ。
ここで、毛糸以外に ビーに狙われない程度の小さいお人形を買いたいと思っていたんですが、欲しいと思うものはちっと大きかったりして、結局買えませんでした。
でも、どの子も緩ーい感じがドツボで、眺めているだけで幸せでしたよ。
そうか、オイルサーディンですね?朝ごはんにも出ていたけど、夫婦そろって、あまり得意ではないので、ノーマークだった・・・
Commented by LimeGreen at 2018-08-31 20:13 x
私はディズニーでなぜか大好きなドナルドではなくてジジ(@エプコットの三越)を買ってうちに連れて帰ってきてしまう、という行動にでてしまいました~。

魔女の宅急便大好き。

数々の毛糸、編まなくても色を見ているだけで楽しいです!
Commented by hiipopo at 2018-08-31 20:57
興奮が伝わってくるレポート。ありがとう。エストニアって、魔女の宅急便のところだったの?ステキなところなんだー!ちょっと行ってみたい。
Commented by 白猫ベル at 2018-09-02 15:56 x
素晴らしい~~~p(^^)q!!エストニアの毛糸&雑貨は温かみがあってチャーミングでセンス溢れるものばかりですね(((o(*゚∀゚*)o)))
それもお国柄なんでしょうか♪ロマンチックで引き込まれるものばかり…Yokoさんのキラキラさせながら心弾ませて(少女ように(^^)♪)のお買い物する姿が浮かんできましたっ(^^)!!
素敵なところで同じものを愛する人達の時間の共有やにゃんの話に盛り上がるって最高の時の過ごし方ですね~o(^o^)o
Commented by love-zun at 2018-09-04 13:25
☆LimeGreenさん☆
私も、魔女の宅急便大好きです。街の雰囲気も、十分味わえて幸せでした。
毛糸、日本に帰ったら、壁に飾って収納したいくらいなんだけど、ビーが許してくれるかどうか・・・無理だろうなぁ~^^
Commented by love-zun at 2018-09-04 13:28
☆hiipopoさん☆
魔女の宅急便の街の参考になったって聞いたよ。
小さな可愛い街。いつか猫友さんでバルト三国の旅なんてできたら素敵だよねぇ~♪
Commented by love-zun at 2018-09-04 13:34
☆白猫ベルさん☆
昔から、バルト三国の暖かい伝統を感じる手作業品には憧れをもっていましたが、まさか自分がエストニアに行けるとは思っていなかったので、全力疾走で楽しみました(爆)
最近、旅先でも驚くほど買い物欲がわかず、いつもお土産をちょっと買うだけで、自分のものは買わないのですが、今回は、毛糸を沢山買えて嬉しかった♡
そして、この地の人たちが猫好きさんが多いとも知り、ますます嬉しくなっちゃって^^
素敵な夏の思い出が出来ました
by love-zun | 2018-08-31 01:41 | お出かけ | Comments(10)