2017年 04月 05日 ( 1 )

シロタヌキ

猫友さんの玄関先で勢力争いがあり ボス猫の世代交代が有ったようです。
3代目ボスとして、いつもご飯を食べに来ていたシロタヌキ、
どこへ行ってしまったのだろう・・・


外で暮す猫ちゃん達は、
沢山楽しい事が有る反面 生き抜くこと自体が生活の毎日
へそ天で床に落ちている家猫達とは
その厳しさは比べ物にならないのだと思います
でも、彼らには、私達が知らない秘密があるのです

e0195115_13163709.jpg


僕は、人が沢山いる街で生まれた
子供の頃、街を歩いていると、<あ、シロ猫ちゃんだ>とか
<シロちゃーん、可愛い>なんて言われることがよくあって
僕は自分が<シロ>なんだと思った
でも、それは僕には余り関係の無い事だった
僕にとって重要なのは、ご飯を食べる事
毎日お腹いっぱいにご飯を食べるのは、結構大変なんだ

ある日、いつもよりもうんとお腹が空いて、初めての場所をうろついていた
すると、なんだか他よりも優しい光が漏れてくる扉を見つけたんだ

人間は知らないかもしれないけれど、僕たちは皆、
それぞれに自分の鍵を持って生まれてくるんだ
人間と暮す連中の事は知らないけれどね
もしかしたら、ここが僕の鍵に合う扉が有る場所なのかもしれないと思って
ちょっと覗いてみることにした

<いや、違った・・・ここじゃない>

でも、ここのおばさんは、僕の事を<シロタヌキ>とよんで、
毎晩ご飯をくれるようになった
<シロ>は解る。僕の事だ。
でも<タヌキ>って何だろう?
僕の事をそう呼ぶんだから、きっと白い王様って意味なんだろう
<タヌキ>っていうのは、<王様>って意味に違いない

皆、自分の鍵で開けた扉の向こうでは、王様になるって聞いたことが有る
ここのおばさんは、どんなに遅く帰ってきても、天気が悪くても
ちゃんと僕のためにご飯を用意しておいてくれる。
口は悪いんだけどね。凄く優しくて、面白いおばさんだ。

時々、ここが僕の鍵の場所だったら良かったのにって思う事もあった
この面白いおばさんを、僕の召使にしてあげても良いかなと思う事もあった
でも、いや、ダメだ
僕の鍵がそれを許してくれるはずがない
それに、この扉の向こう側には、どうやらこの面白いおばさんの事を
バカみたいに大好きだって連中が沢山いるようだしね

そして、実はついこの間、
僕は自分の鍵にピッタリの扉を見つけたんだ
このことを、おばさんに伝えようかどうしようか迷ったけど
やはり 何も言わずに行くのが王様の威厳ってもんだと思うんだ。
だから 僕はこのまま行くことにするよ


おばさん、ご飯を有難う
僕は自分の王国で、鳥を追いかけたり、お日様をいっぱい浴びて
野原で寝っ転がったり
毎日お腹いっぱいの生活を送るために 自分の扉を開けに行くよ
おばさんのこと、ちょっと好きだったよ
今まで、ありがとな!






 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします


[PR]
by love-zun | 2017-04-05 13:45 | | Comments(14)