Perylene maroonという色<ティーポットと黒猫>


昨日、Bunkamuraで開催中の
<西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展>に行ってきました
猫友さん達と行って、行く前には我が家でズンビーと遊んでくれたりしたので
その時の事も書きたいのですが、その前に・・・

トワル・ド・ジュイ展、とても良かったです
一人で静かに地味に、かなり衝撃を受けていました(笑)

絵を日常的に描く人は、かなりの数の絵具を持っています(突然ですが^^)
でも、当然の事ですが、一枚の絵にそれを全部使うわけではなく
たとえば、私はパレットを3つ持っていますが
その中に必ず入っている使用頻度の多い色や
一つにだけ入っている特別な色や
パレットには入れていない、もっと特別な色があります
同じ色でもメーカーによって違うし
とにかく 自分の好みの色を見つけるのは楽しい作業です。

前置きが長くなりましたが
Perylene Maroonという色があります。
色見本を作ると、私はこの色が好きで、パレットに入れるのですが
いつも、使おうと思っても、どうしてもこれが血の色に思えてしまうんです
それで結局 使えない。
生々しい連想で頭がいっぱいになってしまうから(笑)
隣に入っているAlizarin crimsonばかりが減っていく・・(笑)

ところが、トワル・ド・ジュイ展の会場に入ると
この色が溢れていました^^
一瞬、ヨーロッパの血の歴史を連想しましたが(爆)
やはり、<そんなんじゃなーーい!>とても素敵な色です。大好きです。

e0195115_22571892.jpg

ティーポットと黒猫
Perylene maroon,やっぱりかなり好きな色だわ(今更?-笑)










 
ジャンルを少し変えましたが 引き続きランキングに参加していますので、
皆さまどうぞポチッとご協力、よろしくお願いいたします

[PR]
by love-zun | 2016-07-05 17:53 | | Comments(8)
Commented by hiipopo at 2016-07-06 09:47
あの時、私も、ヨーコさんは、こうやって自分を磨いていくんだなぁって思ったよ。会場いっぱいにひろがった、フランスの布たちが、語りかけていたものね。
そしてさ、この作品。素晴らしいね。絶品だね。
うち片付けて、うちにお招きしたいです。
うち片付けてが、すごーく、、ポイントだわ、。
Commented by love-zun at 2016-07-06 15:44
☆hiipopoさん☆
やはり、渋谷であろうと、暑かろうと、折角素晴らしい物を見るチャンスに恵まれているのだから、それを逃してはいけないのよね。
本当に行って良かったと思える展示会でしたね。
わー、この絵そんな風に言ってもらえて凄く嬉しいです。
コメント欄がシーンとしちゃって、かなりの不評かと撃沈しておりました(爆)
私も、かなり気に入っています。黒猫を塗るか線だけにするか
かなり迷ったのだけれど、思い切って塗って正解だったかも。
これもカードにしようと思っていますよ♪
Commented by ねこばばあ at 2016-07-06 15:45 x
このティーポットの赤がその色ですか。
ちょっと落ち着いたきれいな色にみえるのですが。
私はバーミリオンが好きでした。
キャンバスいっぱいにバーミリオンを下塗りして
その上に絵を描いたりしてました。
Commented by love-zun at 2016-07-06 18:13
☆ねこばばあさん☆
はい、そうです♪
とってもドラマチックで素晴らしい色だと思います!!
でも水に溶いた時、どうしても血を連想してしまうのは、多分私だけ・・
他の色と一緒に使う事が難しいのですよ。単独で使いたい♪
バーミリオン。ねこばばあさんのイメージそのものですね!
Commented by ねこなで at 2016-07-06 19:00 x
今晩は〜!
素晴らしい展覧会だったようですね。
テキスタイル好きとしては、やはり頑張って見に行くかな〜。
このティーポットの赤が、その色なのですね〜!
なんとも成熟した色合いね。ベンガラ色よりも赤みがあるのですか?
黒猫のシルエットがティーポットに重なって何とも言えない雰囲気!
美味しい紅茶が飲みたくなりましたよ〜♪
Commented by LimeGreen at 2016-07-06 20:04 x
血の色に見えないですよ。素敵な色だと思います。

赤が子供の頃から心底嫌いで、赤い襟のついた服をはさみでじょきじょきやっちゃったぐらい嫌いなLimeが言うのだから間違いないです!
(きっぱり)

赤でも「肉眼で見ても色飽和するような赤」と「落ち着いてて品のよい赤」ってあると思うんですよ。この絵の赤は後者だと思います。

Limeは赤で言えば、「嫌い」とは言うものの、カーマインとそれ以上に紫が入ってくるものは見てても具合悪くなったりしないですね。ハーヴァード大学のテーマカラーも大丈夫だったし、マルーンも大丈夫。煉瓦色もOKかな。クリスマスとか以前の仕事でFestiveになるのが「お仕事」だったもので、そういう色でごまかしてました。

でも赤い服は必要なければやはり着ないし、インテリアもなるべく赤は排除して暮らしてますけど。

とにかくこの絵、素敵だと思います。
Commented by love-zun at 2016-07-07 08:47
☆ねこなでさん☆
渋谷ですが・・・渋谷ですが、とても良い展示会だったです(笑)
この色が血の色に見えるというのは、
多分不思議に思われるかもしれないのですが、
パレットから筆にとって、水を含ませると、どうしても他の色と調和しない、
凄く強烈なものを感じてしまいます。
多分私の問題だと思います(笑)
黒と金は どんな色も組み伏せる力を持っていますからね
今回の絵にはピッタリの組み合わせでした
Commented by love-zun at 2016-07-07 08:51
☆Lime Greenさん☆
Limeさんの赤嫌いは相当ですね(笑)
私は、基本的には、赤が好きなんですよ。
特に深紅は大好きです。この色も大好きで、ついパレットに入れてしまいます。でも、なんか強烈に主張する子なので、使いづらいのね。
色に対する反応って、人それぞれで、本当に興味深いと思いました♪
<< ご機嫌さんな絵と私♪ ビーの朝練と幸せの瞬間 >>