カロ君肖像画


昨日 まろさんに素敵なコメントを頂いて 本当に勇気づけられた私。
で・・・そういえば、自分のブログにまだ載せていなかったことに気付いた。

去年、ちぐささんから大変丁寧なメールをいただき
20年振り(!!)位に油絵を描きました

ちぐささんの愛猫カロ君。全国にファンのいる素敵なカロ君。
虹の橋を渡って、しげとみとも会っているかな?

私も直接逢って抱っこさせてもらったことがある猫ちゃんなので
想いを込めて描きました。

e0195115_19292948.jpg

DUO モデル:カロ




カロ君の肖像画と同じタイプのオーバル額での油絵の肖像画もお受けすることにしました。
ご相談、お気軽にメール↓でお願いいたします


***************************************

ペットの肖像画のご依頼受付を 一時中止していましたが
納品が数か月先でもOK  メールでのみの打ち合わせOKの方に限って
受付を再開させて頂きたいと思いますので ご連絡ください。
気長ぁぁぁに待ってくださる方だけよ♪
shige-17☆lime.ocn.ne.jp(お手数ですが☆を@に替えてください)



***************************************



<被災地>にゃんこはうすの欲しい物こちらから
東北地方太平洋沖地震の動物救援のための義援金を募集 → こちらから
BOOKS FOR JAPAN → こちらから
 
 


 

←お帰り前にポチッと応援の1クリックを頂けると感激です!
[PR]
by love-zun | 2013-03-20 20:38 | | Comments(8)
Commented by chigusano at 2013-03-20 21:20
今日 私もカロの肖像画を再度アップしたんですよ~!
この絵の力に どれだけ勇気付けられたか!

毎日感謝して拝見しています。

昨日ご来店になった まろさんのお言葉
よくぞ言って下さった! その通りです。

yokoさん どうもありがとう~♡
Commented by まろ at 2013-03-20 21:34 x
私のブログにお返事した言葉と重複することをお許しください。
YOKOさん、ありがとうございます。言葉足らずな私の実感を誠実に受け止めて下さって、素敵なお返事をいただけて幸せに思います。かつてサルトルは、「飢えた子の前で文学は可能か?」こう言いました。これは10年以上前に出会った問いですが、いつも私を悩ませる問いでもあります・・・。芸術や文学よりもまずはお金に直結するものに目が行ってしまうのはある程度仕方がないことだとは分かっていても、私はそれに抗うかのように、芸術や文学の力を信じたくなります。
美しい自然を眺める時も同じことを思います。世の中の仕組みを変えるのは政治であるけれど、人の「まなざし」を変える事ができるのは芸術だ、こう尊敬する方がおっしゃっていました。カロ君の絵を見た瞬間、一緒に遊んでいた時の記憶や、カロ君の毛なみや、におい、瞳の輝きがありありと蘇って来たのは、私が本物の芸術に触れることが出来た証であると思っています。YOKOさんの絵に出会えてよかったと心から思っています。これからも素敵な絵を描いて下さいね。私のようにYOKOさんの絵に励まされる人はきっと、きっと沢山いらっしゃいます。
Commented by atsuko at 2013-03-21 08:39 x
まろさんのブログも拝見してきました。
まさに!まさに!
私はカロちゃんに会ったことはないけれど、
この肖像を見て、おかしな言い方だけど、
「きっと写真よりも似てる」と思いました。
YOKOさんというフィルターを通して、
カロちゃんという個性が凝縮されたような。
カロちゃんだけじゃなく、chigusanoさんや
カロちゃんを愛した人たちの想いまで描かれているような。
私ですら幸せになりましたよ。
やっぱりYOKOさんはすごい!
Commented by hiipopo at 2013-03-21 13:58
私の大好きなカロ君が、あの時、いたので
実はドキドキして、写真も撮ってきたんですけど
さすがに、ちぐささんより先に見てしまったので
コメントは控えていました(^^;
本当にあの時カロ君に会った気がしたんですよ。
みんなに感動を感じさせられるyokoさんて
やっぱり素敵。そんな方とお友達になった私って
偉い!(そこ??)
Commented by love-zun at 2013-03-23 09:05
☆chigusanoさん☆

ちぐささん、こちらこそ有難うございます。
10年以上振りに 油彩道具を用意して絵を描くというだけでも
心躍るものがありました。
かろ君には、一度しか会う事は出来ませんでしたが
ちぐささんのブログを通して、いつも一緒に過ごしているような気分になっていたものです。

ちぐささんのカロ君の想い出を邪魔することなく
いつもそばに置いておきたいと思って頂ける絵を仕上げることが
一番の目標でしたが
描いている内に私の気持ちがどんどん入り、
でも それがちぐささんの想いと同じだったことが とても幸せです。
有難うございました!!
Commented by love-zun at 2013-03-23 09:14
☆まろさん☆

ブログの方にもコメントさせていただきましたが、
まろさんのように、毎日自分に正直に真剣にに生きていらっしゃる方の言葉は
表現して、受け止めてもらう事を目的としている者にとっては
一番聞きたい言葉であり、怖い言葉でもあります。
今回まろさんの言葉を読み、本当に嬉しく、勇気をいただきました。
まろさんの尊敬される方の言葉、その通りですね。
沢山の人が共に平和に生きて行く為には、お金や、策略や
その他沢山の計算が働かないといけないのだと思います。
それは絶対に必要な事だと思います。
でも そこに美しい<まなざし>を作る力はないでしょう。
それは、私達の仕事です。
・・・と胸を張って言えるようになりたいです(笑)

そんな事を真剣に考えさせられました
有難うございました。
Commented by love-zun at 2013-03-23 09:19
☆atsukoさん☆

atsukoさん有難うございます。

そんな風に思って頂けて、とても嬉しいです。
それが、一番の目標です!
肖像画を描いて、そんなコメントをいただけたら
どれほど嬉しいか想像出来る???(爆)
ありがとね♪
Commented by love-zun at 2013-03-23 09:24
☆hiipopoさん☆

絵が仕上がるとね、自分の壁に数日、時には数週間かけておくんですよ。
そして、その前を通るときや、ちょっと遠くからチラチラっと観続けるんです。
そうすると、描いている間には気付かなかった 気になる所が見えてきて
修正したり、ボツにしたり・・・
あの時は その時期だったのね♪
hiipopoさん、気を使ってくださって有難う^^

えー、私も同じこと考えてた。
hiipopoさんと、まんまと(笑)お友達になった私ってエライ!!
これからも よろしくお願いしまーす。
<< 張り切りズン坊 桜ドーナッツ >>