ロンドン紀行 その6


ロンドン紀行 その6です

今回は とても楽しみにしていたコッツウォルズ観光です

景色が360度全て絵になるラブリーな田舎町で
滞在して絵を描きたい気持ちになりますよ♪
でも今回は日帰りなので、とにかく写真を撮りまくりました!

可愛らしい八百屋さん。ディズプレーの仕方が素敵でした。
e0195115_2381378.jpg
とにかく 気持ちが焦っちゃって・・・・(写真撮っとかなきゃ^^)

絵はほとんど描けません(涙)
それにね、寒いの! 手がかじかむの!
e0195115_23105036.jpg

可愛い白馬ちゃんが 挨拶に来てくれました
フレンドリー過ぎて、とんちゃんの服にスリスリして 怒られていました(爆)

ランチは街中のパブで 急に食べたくなったハンバーガーを注文
これも大正解の美味しさで、ボリュームがあったけど あっさり完食しましたよ
店内は明るくて、コッツウォルズの雰囲気というよりも 東京の可愛いカフェ風でした。
e0195115_23142194.jpg

素敵な時計がついた建物を 寒さにめげずにスケッチし始めたけれど 
時間切れ(涙)

e0195115_2315917.jpg
だってね、ツアーだから^^

これからクリームティーをいただくの
こんな素敵なお店でいただきましたよ
e0195115_23165874.jpg

外がとにかく寒かったから 暖かいクリームティーはとてもご馳走に感じました
それに、私スコーン大好き!
e0195115_23175071.jpg

ランチの後のこのボリュームですが
写真を撮ってから 改めてクリームをスカイツリー並みに乗っけ直して
こちらも あっさり完食! し・あ・わ・せ♪

写真は一通り撮ったので、その後は気になっていたお店を覗いてみることに
本屋さん、画材屋さん、ジブリの映画に出てきそうなキャンディー屋さん・・・
でも、一番面白かったのは このお店
e0195115_23224451.jpg
お店に入るなり<質問有り!>の私^^
<帽子と本の組み合わせのお店って この国では普通なの???>
<いや、ぜんぜーん普通じゃない>って(笑)
この答えがとっても好きだった私は^^
もう寒いお外に出るのは止めて、ここでずっとおしゃべりをしていました。
店内はこんな感じ
e0195115_23251598.jpg

面白いでしょ?
店主も この良く分からない店内と同じ雰囲気の人で
楽しんでお店をやっている感じが素敵でした。憧れるな、そーゆーの♪


写真は乱撮りし過ぎて まだ整理出来ていませんが
あの空気を忘れないうちに、どんどん絵を描けるといいなぁって思っています



****************************************

猫ちゃんの肖像画のご依頼お受けします♪
どうぞお気軽にご相談ください

shige-17☆lime.ocn.ne.jp(お手数ですが☆を@に替えてください)

肖像画のご依頼の際には、件名に<肖像画の件>と入れてメールをお送りください。
毎日100件以上来る迷惑メールに紛れてしまい 見落としてしまうという
大変失礼な・・・申し訳ない出来事が何度かおきています。
十分注意しているつもりですが、
メールを全て開いて内容を確かめることはほとんど不可能ですので、是非是非ご協力くださいませ。
よろしくお願いいたします。


****************************************




<被災地>にゃんこはうすの欲しい物こちらから
東北地方太平洋沖地震の動物救援のための義援金を募集 → こちらから
BOOKS FOR JAPAN → こちらから
 
 


 

←お帰り前にポチッと応援の1クリックを頂けると感激です!
[PR]
by love-zun | 2012-05-22 23:34 | お出かけ | Comments(10)
Commented by Baian at 2012-05-23 00:22 x
キタぁぁぁぁぁーーーーーーーーーー\(^O^)/
いいね、いいねコッツウォルズ!!
憧れのハニーストーン。
日帰りツアーでもうらやましい
ここと湖水地方は1度は行ってみたいな~

八百屋さんもおしゃれですね~
パブの内装も素朴でいい感じ。
画材屋さんもあるんですか?
なんていい所なんだ
私がもし行ったら住み着いちゃうかも(^^

絵、楽しみにしてますね!!
Commented by chigusano at 2012-05-23 00:32
憧れのコッツウォルズ!
未熟な知識で 申し訳ないですが
たしか イギリスの古き良き時代そのものを
いまだ残している 地方なんですね。
建物も 住んでいる人々も 自然に溶け込んでいますね。

ああ~~!憧れ~~♡
Commented by atsuko at 2012-05-23 07:18 x
こんなところに住んでみたい!
こういうところの時間はゆったり流れるんだろうな〜。
でもさすがイギリス。寒かったんですね(笑)。

本と帽子のお店が素敵!
私は帽子はかぶらないけど、ずーっと入り浸っちゃいそう♪
こんなのもありなんだ〜!
よくわからなくても居心地がいいお店っていいですよね(笑)。
このお店もYOKOさんが描くともって素敵になりそう♪
こんな町でなつは車庫番してたのね〜。ぷぷっ。
Commented by nanapu at 2012-05-23 07:29 x
わーわー!どこもかしこも、ステキ素敵なところなんですね!?こーんなすてきなところをきちっと残してきちっとつかってるのってすてきですよね。なんか私もいきたくなってきました。yoko-boo さんのこれからの作品もとーってもたのしみだよ(*^^*)
Commented by つむぎ at 2012-05-23 21:15 x
コッツウォルズ!
なんか、可愛い小人や妖精が潜んでいそうな町ですよね♪
帽子と本!好きなものなんでしょうねーー。
どっちのお店やるか、決められなかったとか(笑
風邪ひかなくて良かったねーー。
スコーンとお茶に救われたかな?^^
Commented by love-zun at 2012-05-24 07:52
☆Baianさん☆

コッツウォルズですよ^^
本当に、街全体がはちみつ色で ゆったりとした時間の流れる
魅力的な田舎町でした。
でも、やはりツアーで行くと忙しくて、気が焦ってしまうので
いつか ゆっくりと行けると良いな。

湖水地方は ロンドンからだとここよりさらに遠くなるので
今回は諦めましたが、行きたいですよね! 
可愛いBBにでも宿泊して ゆーっくりと♪
あー、いいな いいな!!
Commented by love-zun at 2012-05-24 07:57
☆chigusanoさん☆

ここで生まれて、ここでずっと過ごしてきた人たちって
多分、私達とは、まったく違う時間や価値観を持っているのでしょうね。
どちらが良いか、私には解らないけれど、
ゆっくり滞在して、街の人達ともっと話をして
なんか、心のどこかを変えてきたかったなぁ~
今回は忙し過ぎて、The観光客ってカードをぶら下げて
表面的な可愛らしさを写真に収めただけだけど、
きっと もっと違う顔をもっている街なんだろうなぁって感じました♪
Commented by love-zun at 2012-05-24 08:01
☆atsukoさん☆

帽子と本のお店、素敵でしょ?
従来の 皆が納得の組み合わせでない
自分が好きなものにこだわったお店なのって言う
店主のプライドのようなものがあって、
本当に楽しそうでした。

私もいつか 自分の好みにこだわりまくった
素敵なお店を持てたらいいなぁなんて、本気で思ってしまった^^
Commented by love-zun at 2012-05-24 08:07
☆nanapuさん☆

ね、素敵でしょ?
ちょうど、修繕をしている家が有ったのですが
屋根などは、ここ独特の組み方が有るそうで、
それは変えずに、ずーっとそのまま続けているんですね。

日本人の私には、ヨーロッパの田舎町って
まさに 童話の世界に見えちゃって、
<ファ~>って言うしかない(エッ??こんだけ生きてきて、
その表現しか出来ないって問題??-爆)
とにかく乙女心をくすぐる街でした♪
Commented by love-zun at 2012-05-24 08:10
☆つむぎさん☆

本当にね、角を曲がったところに 小人の靴屋さんがいたり
時計台の上に妖精が休んでいたりしても
全然違和感の無い街でした^^

今回の旅行には、<いらないよねぇ~>と言いながら
ユニクロの軽ーーいダウンを持っていったのですが
結構大活躍でしたよ!
ヨーロッパ、寒いんだった(笑)
<< moleskine ロンドン紀行 その5 >>