ロンドン紀行 その3


ロンドン紀行その3でーす。

5月1日は この旅行を決めたきっかけになった
Japan Art Competition in London 2012の日でした。
なので、スケッチ出来ず、
写真は沢山撮っていただいたのですが、まだ手元にないので
多分いつか見て頂くことも出来るかと思うのですが 今日は無しね^^

で、その朝なんですが、カーテンを開けると目の前にこの光景が・・・
e0195115_16233343.jpg
おじさん、窓拭き中なんですけど、凄いでしょ?ツルリンって落っこちたらどうするの?
怖すぎる!といいながら、二人でずーーっと見てました^^
この後、横の細い窓も同じようにして拭いていましたよ。

この日は まずケンジントン公園の前にある
Henry Moore Galleryでの 作品内覧会に参加したのですが
その前に有名デパートのHarrodsを見学♪

e0195115_16312433.jpg

一番熱心に楽しんだのはデパ地下。
日本でもそうですが、デパ地下は食いしん坊のワンダーランドですからね。
荷物は持ちたくないので、買い物はしないつもりだったのですが
とんちゃんは ドライフルーツを買いました。
観光客に慣れたデパートの店員さんだろうし、勝手に買ってくれると嬉しいんですけどね、
<これ、どんな味か判らないから味見してみたいわ>とか
<お勧めってどれ?>とか
いちいち店員に聞きたがる面倒臭いとんちゃんとの買い物を済ませてからGalleryへ・・
(すでに疲れてますけど、私)
この界隈は 音楽大学や美術大学が集まっていて アカデミックな雰囲気の街でした

e0195115_1649636.jpg

私は数年前の<門出>という絵を 大きさとデザインを少々変えて描いた作品をだしました。
e0195115_816547.jpg
<門出>  F6 水彩・パステル

内覧会では ウェルカムドリンクをガバガバ飲みながら 素晴らしい作品を沢山観ることができ
なかなかの幸せ気分を味わいました。
その後、チャーターされたバスで 大英博物館へ
大英博物館では 館内を短時間見学した後、地下のlecture room(だったかな?)で
いろいろなイベントがあり(な・・・なんて大雑把な!)その後レセプションパーティー。
いろんなアーチストの方と友好を深めることが出来 楽しかったのですが
私と一緒に参加したとんちゃんは、ふと気付くと居なくなっていたりして・・・・
今回一緒に来なかったりゅーちゃん(父)は朝ドラをとても楽しみに毎朝見ているのですが
<カーネーション>も大好きだったそうで。
レセプションパーティーに参加していた コシノミチコさんを見つけて
なんとも親しげに雑談の様子(アッチャー)
もちろん私は りゅーちゃんに自慢するためのツーショット写真を撮らされましたとさ
でねでね、レセプションパーティーが終わったのは夜!
いつも人ごみでごった返している大英博物館には 人っ子一人いなくって
私としては、今回大自慢の写真を撮りましたのよ!!
e0195115_18265228.jpg

e0195115_18263977.jpg
見て見て!!
ナイトミュージアム♪
家族には余り受けませんでしたが 私は凄く嬉しかったんです^^

帰りは ツアーの人達はバスでホテルまで帰りましたが
現地参加の私達は ピカデリーサーカスまで送ってもらい、そこから地下鉄でかえりました。
ピカデリーサーカスまで送ってもらう間、赤ワインでご機嫌のとんちゃんは
一番前にすわり 運転手さんの耳元で指をパチパチならすので
私は気が気じゃなく、どっと疲れた一日でした(爆)

次の日からは、またまた私達だけのロンドンですよ♪


****************************************

猫ちゃんの肖像画のご依頼お受けします♪
どうぞお気軽にご相談ください

shige-17☆lime.ocn.ne.jp(お手数ですが☆を@に替えてください)

肖像画のご依頼の際には、件名に<肖像画の件>と入れてメールをお送りください。
毎日100件以上来る迷惑メールに紛れてしまい 見落としてしまうという
大変失礼な・・・申し訳ない出来事が何度かおきています。
十分注意しているつもりですが、
メールを全て開いて内容を確かめることはほとんど不可能ですので、是非是非ご協力くださいませ。
よろしくお願いいたします。


****************************************




<被災地>にゃんこはうすの欲しい物こちらから
東北地方太平洋沖地震の動物救援のための義援金を募集 → こちらから
BOOKS FOR JAPAN → こちらから
 
 


 

←お帰り前にポチッと応援の1クリックを頂けると感激です!
[PR]
Commented by chigusano at 2012-05-13 20:05
わ~! ロンドン行き最大目的の 当日の記事ですね!

レセプションパーティの様子 さらりと書いてあるので
想像力逞しくすると・・・豪華な顔触れのパーティだったのね。
もし私だったら そこで 舞い上がって
卒倒していたかも^^!

とんちゃんお母さまのお美しい事!
それに 若々しいわ~~!
さすが yoko-booさんのお母さま~♡

出品なさった作品 是非とも見てみたいです!!!
Commented by hiipopo at 2012-05-13 21:26
ねー、とんちゃんもyoko-boo さんもとっても、すてきだわ。というかおかあさんは、お若くで、行動的なんですね。国際的な親子だなぁ、、パーティーでの、おかあさんは、積極的ですごいですよね。それにしても、改めてyoko-boo さんは、すごい人だと実感だわ。
窓ふきのお兄さん、すごすぎですね。みただけでこわいよぉ(*^^*)
Commented by つむぎ at 2012-05-14 07:52 x
とんちゃん、可愛らしい方ですね~~♪
どこでも楽しむ術をバッチリ身につけていらっしゃる^^
パーティの素敵な感じも、ナイトミュージアム♥もナイスです。

ケンジントン!わたし滞在時はココが拠点だったので懐かしいです。
Commented by love-zun at 2012-05-14 08:20
☆chigusanoさん☆

そうなんです、もともとこの話に乗っかっての英国旅行でした^^
内覧会・レセプションパーティーと とても華やかで豪華なものでしたが
やはり 私はこーゆー場はちょっと苦手かも^^

母は、とにかく元気で前向きで気持ちが若い人ですので
一緒に居ると、ヘタレの娘は 少々疲れます(爆)

あっ、出品した作品を載せるのを忘れていたので
さきほど 追記しました(汗)
Commented by love-zun at 2012-05-14 08:32
☆hiipopoさん☆

海外を二人で旅行するのは 今回が初めての体験だったので
歳をとっても、とにかく身体が丈夫でいないといけないなぁ~と
つくづく思いました^^

いえいえ、hiipopoさんは 良い所ばかり見て下さるから!
これから何年もかけて、このヘタレ体質脱却してみせますわ^^

窓拭きの人 凄いでしょ!
見てるだけで、足がモゾモゾしちゃったわよ!
Commented by love-zun at 2012-05-14 08:38
☆つむぎさん☆

私達の親世代から前の人達には、なかなか立ち打ち出来ませんね^^
ナイトミュージアム、反応してくださって有難う^^
凄いでしょ?このライオン、もうすぐ動き出すよ!!

つむぎさんは ケンジントンを拠点に旅行されたのね。
公園は 広過ぎて結局一部しか歩けなかったけど
こんなに広い公園がドカンとある街って素敵ね。
トイレも広くて 結構綺麗で 壁のイラストも可愛らしくて
2回も行っちゃいましたよ♪
Commented by atsuko at 2012-05-14 11:47 x
ナイトミュージアムも素敵だけど、私はやっぱりデパ地下(笑)。
旅行に行くと現地のスーパーに入るのが楽しくて♪
見たこともない美味しそうな食べ物が一杯でまさにワンダーランドですもんね。
ちなみに夫はデパ地下のことを「地上天国」と呼びます(爆)。

出品された絵、オリエンタル〜♪
このまま着物の柄にしちゃいたい!
Commented by love-zun at 2012-05-14 20:39
☆atsukoさん☆

デパ地下仲間^^
デパ地下って、食いしん坊の夢の国ですよね。
まさに地上天国^^
旅行先だと、ちょっと珍しい物があったりして、益々パラダイス率上がりますからね^^

ハロッズでも まさに欠食児童のごとく、何周も何周もして
涎たらしてましたー♪
Commented by kurage3gou at 2012-05-14 22:11
すげーー!!!(_≧Д≦)ノ彡☆
ナイトミュージアムの写真ってすっっごくレアじゃないですかー!!
撮りたくても、一般人は絶対撮れない写真ですよね☆
Yokoさん、見せてくれてありがとーー ヾ(≧▽≦)ノ

元々、大英博物館でパーティってのも素敵ですよね(〃▽〃)
アーチストの方々と友好を深める事が出来るYokoさんも凄い!!
私しゃ、旅行者としても英語というハードルが…(;´д`)

「門出」はオリエンタルな雰囲気が素敵ですね☆
イギリスの方、この作品欲しがるんじゃないかな☆

しかし…とんちゃん…お母様素敵な方ですね(≧∇≦)
指パチパチ(爆)
何となくうちの母と仲良くなりそうな気がする(爆)

Harrodsのデパ地下写真感動です(*´艸`)
外国の食べ物写真って見てるとワクワクしますっ☆
Commented by まんまるまるこ at 2012-05-15 06:54 x
ううう、この黒ニャンコの「門出」を僕もロンドンで見たい(>_<)
日本的な背景でYokoさんの感性エッセンスがぎっちり詰まって、海外に日本の絵画のよさをアピールできる作品ですよ!!

会場でのお母様との写真もとても素敵です
Yokoさんに似て気さくな方なんですね(#^.^#)
Commented by vasenoir at 2012-05-15 10:12 x
おかえりなさい!ともかくご無事で何よりでした〜
とても素敵なデビューで、そして華麗な絵日記に綴られた何かワクワクする良い旅でしたねーーー!!

今回はご自身の作品を通してヨーロッパの文化との新しいふれあいや
お母様とご一緒でのかけがえのない思い出も
素晴らしく充実した期間だったとお察しします

今度は是非スケッチへまたお出かけください!!!!!

そしてヨーロッパ帰りの今後の作品を楽しみにしていますよ〜〜
Commented by Coachan at 2012-05-15 10:59 x
ロンドンの楽しみはなんといっても、博物館や美術館が基本的に無料ということですよね。ぼくは昨年6月に行ったときには、YokoさんがいらしたCovent Garden近くに宿を取り、National Galleryの絵画を堪能しました。あれだけ見てタダというのは驚きです。隣のPortrait Galleryに行く時間がなかったので、次回の楽しみです。

大英ナイトミュージアム、うらやましい。めったにないチャンスでしたね。
Commented by たみぞう at 2012-05-15 13:03 x
YOKOさんもお母様もおキレイだわ~(*^_^*)
良く似てらっしゃいますね。

黒猫の絵もステキ~♪♪
バックのお花は菊でしょうか?
ちょい和風な感じですね♪

夜の大英博物館は貴重な体験ですね。
まさにナイトミュージアム。
滅多にお目にかかれないでしょうね☆

時間がなくてハロッズ行けませんでしたぁ(涙)
ピカデリーサーカスの三越止まり。。。
でもハロッズ熊の紅茶が格安のお値段で(1/3だったかな)
ばら撒き土産に買って来ました。
Commented by love-zun at 2012-05-15 17:49
☆kurage3gouさん☆

わー、ナイトミュージアムに反応してくださって 有難う^^
ね、ね、感動でしょ?

今回の絵は イギリスに出すということで、
ちょっと和風だけど、ド和風ではなく、オリエンタルな感じを意識しました。

ガラスケースに 溢れんばかりのパンの群れ(笑)凄いですよね。
どのディスプレイも迫力で、攻めの姿勢ですね^^
Commented by love-zun at 2012-05-15 17:55
☆まんまるまるこさん☆

まるこさん、有難うございます♪

大分前の作品になってしまったので、
今だったら同じテーマでも もう少し違ってたなぁ~
特に黒猫が・・・と思っているのですが、きりがないですね^^

会場で、写真は沢山撮っても貰ったのですが、
自分のカメラで撮った写真はほとんどなくて、禁断の顔出しです(爆)
Commented by love-zun at 2012-05-15 17:59
☆vasenoirさん☆

vasenoirさん、ただいま!

行く前には 絵を描いてこようという心意気だけはあって
vasenoirさんにも 相談させていただいたのに
結局 こんなもんでした(爆)

でも今回はこれで貴重な旅行だったのでOKということで、
次の機会に、いつか ゆっくり現地で絵を描いて来たいです。

vasenoirさんも フランス、もうすぐですね!
どうぞ、気をつけて、沢山描いてきて下さい。
また、フランススケッチ展、是非是非やってくださいね。
楽しみにしています!
Commented by love-zun at 2012-05-15 18:05
☆Coachanさん☆

Coachanこんにちは!
この間、ラスベガスに行ってらしたCoachanですよね(笑)

レセプションに出席していた男性で、私と同じように個人参加で
10日間ほど、一人で、朝 スタバでゆっくりコーヒーを飲んでから
美術館巡り、その後 街や公園でスケッチをして
パブで早い夕食を食べ、
夜はホテルで読書を楽しんでいるという男性がいました。
素敵だなぁ~そーゆー外国旅行・・と羨ましくなりましたよ♪

次回は是非そんな旅行をしてみたいです!
Commented by love-zun at 2012-05-15 18:12
☆たみぞうさん☆

私 若いころは母と全然似ていなくて、どちらかというと
無理矢理父似かなって思っていたんですが、歳を取ると
だんだん似てくるんですね・・・

絵はちょい和風の菊柄です。
着物柄を参考にしたんですよ。

ナイトミュージアムは なかなか普通では体験できないので
私は大興奮だったんですよ。
私は博物館っていうだけで、異次元気分なんですが、
夜はまた特別で、夜の学校に忍び込んだ子供の頃の興奮と一緒かも?^^

アハハ、ばら撒き土産!
三越は、日本語が通じるし、お買い物しやすいですよね。
ハロッズは 一日では廻り切れないような、迷路のようなデパートでしたよ♪
Commented by Coachan at 2012-05-15 23:43 x
よくおわかりで。はい、そのCoachanです。

ラスベガスでは毎朝スタバでキャラメルマキアートとラズベリーベーグルを頼んで、Philliesたっぷり塗って食べてました。

ロンドンの博物館・美術館巡り、ぼくも老後の楽しみにとっおきます。家内は、Covent GardenのRoyal Opera Houseやパリのオペラ座に行くのが老後の夢だそうです。本当は今ぐらいからがいいのですが、バレエは寒い時期しかホームでやらないらしいので、何年か、十何年か後に、3月くらいに行くことになるのでしょうか。
Commented by love-zun at 2012-05-16 07:33
☆Coachanさん☆

知り合いにこーちゃんが何人かいるのですが、直ぐにわかりました^^

うーん、なかなかの甘党ですね!
あっ、そうだった、本当はあんこ派の甘党でしたよね。

老後の楽しみが夫婦で同じ感じっていうのは良いですね♪
そういえば、Covent Gardenに近づくと、大道芸人を数人
道の脇でみましたし(チャップリンと銅像)
広場では やはり大道芸人が大々的にショーをやっていましたよ。
by love-zun | 2012-05-13 18:43 | お出かけ | Comments(20)