藤城清治自宅スタジオ展


昨日、<ねんねこりん>のつむぎさんにお誘い頂き、藤城清治自宅スタジオ展に行ってきました。
お誘い頂いた時点でのチャームNo1は、何と言ってもスタジオスタッフ、
ワライカワセミのかっくんとフクロウ君に逢える!です。猛禽類loveですから、わたしら^^
e0195115_6271067.jpg

入口半歩 すでに かっくんとフクロウ君に挟まれ状態で、幸せ度いきなり急上昇。
ほとんど剥製のように微動だにしない猛禽類的大物ぶりに、最大級にチャラく嬉しい私^^
(つむぎさんは決してチャラくありませんから!)

2歩進むと アビシニアンとアメショのスタッフがお昼寝中で
<何?このワンダーランド!>な藤城スタジオですが、
スタッフへの挨拶をチャラく済ませ(つむぎさんは決してチャラくありませんから!)
影絵ゾーンに踏み込むと、そこは私の小粒な魂では冷静に受け止めきれないほどの
圧倒的な感動の異次元でした。
e0195115_21224956.jpg

藤城氏の影絵は子供の頃から親しんだもので、それは<暮らしの手帖>であり
母との想い出であり、必然的に幼い頃のさまざまな場面を呼び起こすもので、
それだけでも 意識しないと呼吸がキチンと出来なくなる状態ですが、
始めて観る原画の放つ限りなく懐の深い温かさと上品なユーモアに
この場所では、呼吸を忘れていても生きていけるのではないかと錯覚するほどでした。
e0195115_21274498.jpg

ただ優しさだけでなく、ふざけた言い訳にはビンタが飛んで来そうな
芸術の毅然とした厳しさも感じさせる、
1950年代と2010年の作品が同じ力で光を放つこのスタジオに 
私は後何回足を運ぶことになるでしょう。

自宅スタジオ展は6月12日までです。
e0195115_2146780.jpg


可能な方は是非行かれることをお勧めします。
藤城氏の言葉です。<見ていただいた人々に、この地球のすばらしさ、
生きているよろこびと幸せを感じとってもらえることを願っている>
はい、私はそのすべてを感じました。
そして、感じることが出来たことに 心から安堵しています。




今回の地震についての色々な情報がまとめられています → こちらから
東北地方太平洋沖地震の動物救援のための義援金を募集 → こちらから
 
 


 

←お帰り前にポチッと応援の1クリックを頂けると感激です!
[PR]
by love-zun | 2011-05-18 22:08 | お出かけ | Comments(4)
Commented by つむぎ at 2011-05-19 07:29 x
実はチャらいつむぎです、おはようございます♪
ほんと、この展覧会は良かったですよね~~。
玄関からテンションMAX!
ご自宅ということで、あまり規模は期待していなかったけど
すっごい充実していましたよね。何もかもおおらかで。
会期中にまた行きたい♥
Commented by atsuko at 2011-05-19 08:57 x
へ〜!ワライカワセミくんに会えるんですか?!
それだけで行ってみたくなりました(笑)。
なんて素敵なスタッフさんなんでしょう!
都合がつけば、是非行ってみたいです♪
Commented by love-zun at 2011-05-19 18:13
☆つむぎさん☆

ハハッ^^つむぎさんがメールくれるまで、10時間ほど、
ワライカワセミ君の名前は わっくんだと広めてしまった。
あわてて訂正したけど、2度も読まないだろうしなぁ~
でも良いね!わっくんも可愛い名前だから(まだ言うか!)
スタジオ展、つむぎさんに誘っていただかなかったら
全然気付かなかった。ほんと感謝だわ♪
最高だったね!
私も後数回行くと思う^^
Commented by love-zun at 2011-05-19 18:16
☆atsukoさん☆

お勧めですよ!
是非お時間作ってお出掛けください。
スタッフさんは皆最高だし、スタジオからバス停まで歩いていると
猫ちゃんがウィンドーに数匹並んでいるお店も見つけました。
幸せ度さらにアップです^^
そして、何よりも是非是非藤城影絵を堪能して下さい!
観るべきですよぉ~^^
<< 0.5秒後の惨劇 誕生会とお知らせ >>